静岡でリフォームするなら桧家住宅東海の提案リフォームへ。静岡県リフォーム事業展開中!

 桧家住宅東海の提案リフォーム

コラム

住宅瑕疵担保保険

 

現在、新築住宅は建築時に瑕疵担保保険という物に加入が義務付けられています。

この瑕疵担保保険について詳しくわかっていない方もいます。期間は新築であれば10年、リフォームであれば5年です。

住宅において瑕疵とは、防水、構造においての欠陥を住宅の瑕疵と言います。

防水、構造などの欠陥は住宅に継続的に住む事が出来なくなることを意味します。注意しなければならないのは漏水や構造の欠陥以外は対象とならないという事です。

では他はどうなのかというと大部分はPL法(製造者責任法)によって一定期間保障されています。このPL法とは別にメーカー保証という物もあります。この保証期間は一般的にPL法で定められている期間と同等かそれ以上となっています。

先日、築5年の住宅で外壁のサイディングが漏水により歪んで本体が反り返ってしまって、ジョイントのコーキング部分に大きなクラックが出来ていた物件の相談がありました。

明らかに、建築当初の施工不良が原因でした。

しかし建てた建設会社が潰れてしまっていて誰に連絡をすればよいのかわからないでいたようでした。もう5年前というと瑕疵担保がありましたので書類を探すように言ったところ、見つかって事なきを得たようでした。

リフォームにおいて瑕疵保険は義務ではありませんが、工事する住宅会社のモラル、方針による判断となっています。とにかく安さを追求したいお施主様は多いかもしれませんが、建設会社が大事な我が家をどう思っているのか、今後どう保証してくれるのかも考慮して、どこに工事を任せるのかを判断する事をお勧めいたします。

【カテゴリ】コラム

【投稿日】2017.11.28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事一覧にもどる

リフォーム・リノベーションの
ご相談はお気軽にどうぞ!!